バスケットボールの技術

バスケットボールは、身体能力の高さだけで勝敗を決するものではありません。
プレイにあたって細かな技術を習得することは、攻撃力や守備力、チームプレイに大きな影響を与え、ゲームを優位に進めるために必要な条件です。

身体能力でやや劣っていても活躍できるプレイヤーは、高い技術力を身に付けています。
では、高い技術力とはどのようにして習得すればよいのでしょうか。
そこで、バスケットボールに必要な技術と、そのやり方について見てみましょう。

まずは、敵陣を突破するために必要なドリブルの技術。
手元でボールをコントロールし、攻撃力を高めるスキルです。
腕や腹筋、足腰の筋力を鍛えバランスを崩さずにドリブルを続けることが、敵陣突破には欠かせません。

次に、地味な技術だと捉えられがちですが、バスケットボールにはパスのうまさも求められます。
これは、後方から前線までボールを供給するために必要です。
状況判断のスキルも要求され、パスの良し悪しで相手にボールが奪われる可能性もあるので、正確かつ高度な技術を身に付けましょう。

バスケットボールは、ただ早く走れたり高くジャンプできたりすればよいわけではありません。
このようにパスやドリブルのほか、シュートやディフェンスの技術も必要になります。
当サイトではボールを持った人がバスケットボールをプレイできるよう、基本であるパス・ドリブルの習得方法をご紹介します。
この情報が皆様のお役に立てば幸いです。



【注目サイト】
「低価格」「高品質」「短納期」を追求したバスケユニフォームの通販サイトです > バスケユニフォーム 通販